HOME>特集>200万円前後が相場といわれているがよく確認して利用を

平均的には200万円ほど

家の模型

宮城県で太陽光発電を導入する場合、どの程度の規模の物を導入するのかによって、大きく費用が異なります。一般家庭の場合、新築で設置する場合には200万円前後の費用がかかるといわれていますが、雪の多い地域の場合寒冷地仕様などを含めてトータルで200万円から300万円前後の価格となることが相場とされているため、これから導入を検討する場合は参考にしてください。

下がっているといわれるがまだこれから

太陽光発電を設置する場合、全国的に見て設置費用が下落をしていることは事実といわれており、宮城県でもその傾向が高いです。全国平均の場合一番低い所で140万円前後とされており、まだそこまで低くはないですが、蓄電器を含めて200万円から300万円程度となることが少なくありません。ただし、設置する機械によってはさらに安くなる可能性もあるため、業者とよく話し合ったうえで依頼したほうがいいといわれています。導入前に複数の企業から見積もりをもらって設置を検討することで、ある程度費用の傾向がわかるといわれていますので、参考にしてください。なお、明らかに安すぎると感じたり、高すぎると感じたりするような企業で依頼することはトラブルのもととなるため絶対に避けましょう。

広告募集中